天赦日×一粒万倍日に太郎坊宮にお参りしてきました#開運祈願

スポンサーリンク

2021年1月16日は、「天赦日」と「一粒万倍日」が重なる吉日でした。

天赦日も一粒万倍日も縁起の良い日とされていますが、この2つが同じ日に重なっているのは年に数回しかありません。※ちなみに今年は1月16日の土曜日、3月31日の曜日、6月15日の火曜日。合計3回

天赦日と一粒万倍日が重なる日は、最強の開運日と言われているそうです。
結婚したり、財布を買い替えたり、何かを始めたり…なにかアクションを起こすのにもピッタリな日なんだとか。

コトリ
コトリ

なにか…なにかしなきゃ…

いろいろ考えてみたのですが、神社へお参りに行くことにしました。

【初詣】滋賀県にある太郎坊さんにお参りに行きました

太郎坊宮の御祭神は
正哉吾勝勝速日天忍穂耳大神(マサカアカツカチハヤヒアメノオシホミミノオオカミ)様。

漢字からもなんとなくわかりますが、「勝運」の神様で、他にも「開運」や「幸運」のご利益があるとして信仰されています。

開運やパワースポットとしても知られている「伊勢神宮」
お伊勢さんの御祭神は、日本で一番偉い神様である「天照大神」さんですが、太郎坊宮の御祭神は天照大神さんの子どもで長男だそうです。

私はこの頃、「自分を変えたい」「嫌なことばかりの人生を変えたい」と思っています。
「不運に打ち勝ちたい」
そんな願いを胸に、参拝しました。

太郎坊宮は山の上にあります

今回私は、自家用車で太郎坊さんに向かいました。

大きな鳥居を抜けて、お寺や近江牛の料亭などのある坂道を抜けてさらに坂を登っていくとたくさんの狛犬と灯籠に囲まれた坂道が続きます。

抜けると、祈祷殿と広い中腹駐車場の前に出ましたので、今回こちらに駐車しました。
参拝している方の中には、坂道の下から歩いて登っている方もいらっしゃいました

駐車場にある祈祷殿は、交通安全祈願ができるようでしたので私も交通安全をお願いしました。

自動販売機型でおみくじを引けるようになっていますが、私は参拝が終わってから引くことにしました

母と二人で参拝してきました

太郎坊さんは、山にある神社なのでたくさんの階段を登っていきます。

私の母は腰や膝が弱いです。
重度の神経痛で腰の手術を4年前に受けましたが、今でも完治していません。

私も膝が痛かったり腰痛持ちだったり…

そんな状態の二人なので、ちゃんと一番高い場所にある本殿前の参拝所まで辿り着けるか不安でした。

実際、普段なら無理だと諦めてしまいそうな階段の数ではありましたが
手水鉢で清めてからは苦しくなることはなく、無事に本殿まで参拝できたのでよかったです。

行きは写真は撮っていませんが、登り始めてすぐに階段の横にある干支がとても印象的だったので、帰る際に写真を撮りました。

神社でこんなこと思っちゃいけないのかもしれないけど、ちょっと愛らしかったです。

本殿を参拝した後、登ってきた階段とは反対側の階段を下っていきます。
階段の途中には七福神が。

とてもありがたく感じました。
階段を降り終えたあと、おみくじを引いて。
読んだ後おみくじ掛けに結んだら、この日は帰りました。

コロナ禍ということもあって、去年から神社にもなかなか行きづらくなってしまいましたが、初詣に来られて本当に良かったです。

また参拝したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました