【あつ森島クリ】案内所周りのレイアウトを紹介します!マイデザなし

あつまれどうぶつの森
スポンサーリンク

こんにちは、コトリです!
島クリが苦手すぎて、一度は島づくりが詰んだこともある私・・・。

その時のお話はこちら↓

そんな私ですが、日々、苦手なりに頑張っています。

中でも案内所周りは、最近やっと自分好みにレイアウトできました!

案内所周りといえば、みんなが必ず一度は悩む島づくりエリアですよね。

インスピレーションを高めるためにも、いろんな島民代表さんが島クリした案内所周りを見たいという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、私の島の案内所周りをご紹介します。

スクショはもちろん、コンセプトやテーマメリットなども詳しく解説するので

案内所周りレイアウトの一例として、島づくりの参考にしてみてください!

【あつ森島クリ】案内所周りのレイアウト・地形

私の島の案内所

どーんと。

案内所の少し手前に、島クリエイターの崖工事で高台を作り、案内所を高いところから一望できるようにしました。

また、案内所のすぐ後ろは、一列に木を植えています。

その後ろには2段崖を作り、木や家具を配置することで迫力や奥行きを出しました。

案内所前には、イースターなプランターイースターなトピアリーなどを左右対称に配置しています。

島クリ上級者の人は、左右非対称なレイアウトをしていることも多いですよね。

でもやっぱり左右対称は王道で良いものです。

私のように島クリが苦手な人にも作りやすくて、しかも綺麗にレイアウトできます。

案内所の右には花壇、階段を設置。手前には滝を落とした上で滝壺を大きめに掘ってみました。

左側には道を敷いて、周囲のエリアへ向かってスムーズに移動できるようにしています。

今後、右奥にも道を敷いて別エリアに行けるように整備していく予定です。

ちなみに噴水ベンチは、案内所に合わせた色味にしています。

【あつ森島クリ】案内所周りをこのレイアウトにしたことによるメリット

メリットというとお固く聞こえてしまいますが、つまりは自分で気に入っているポイントのことです。

メリット①住民を眺めやすい

もちろん高台からも住民のみんなを眺められますが、

案内所前を開けた感じにしているので、案内所の前からカメラを起動しても障害物が住民に被りづらいようになっています。

・・・これだとレイジに家具ががっつり被っちゃっていて、説得力がないんですが・・・

起動位置を調整しやすいので、例えばこんな感じにみんなが体操している姿もばっちりです。

↑こちらのサムネのような写真も撮れます。お気に入り写真!

ちなみに案内所前で住民が走り回っているのを高台から眺めた時は、最高に幸せです。

メリット②エリアを分けやすい

最初は案内所と飛行場を繋げるために作った高台でしたが、今では利便性も高くて気に入っています。

案内所前の高台を左の方まで繋げているので、案内所横まで上から眺められるのもお気に入り。

また、高台があるおかげでちょっとした抜け道や見晴らし台を作りやすかったです。

メリット③案内所のすぐ近くで釣りができる

案内所前の高台に川を作ってみました。

滝の下はもちろん、崖上でも釣りができるようにしています。

2段以上の川でしか釣れない魚(イトウなど)も釣れるので実用的で、すごく便利です。

【あつ森島クリ】案内所周りのレイアウトのコンセプト

  • 歩きやすさ重視
  • 写真の撮りやすさ重視
  • 実用性、利便性重視
  • イースター家具多めに使ってカラフル&メルヘン&ポップに
  • 住民が通りやすいように島クリ道を使う
  • 足音を聴くためにマイデザはなし
  • 花はヒヤシンス

【あつ森島クリ】案内所周りは悩むけどレイアウトしやすい場所

タヌキ商店住民のお家などは、位置や範囲など何から何まで自分で決めなきゃいけません

それに対して案内所は最初から位置が決まっているおかげで、比較的レイアウトしやすいような気がします。

ちなみに、ほとんど個人記録用ですがYouTubeに動画投稿もしています。

今回紹介した案内所周りの高台や、案内所前のレイアウトを考え中だった頃の様子もちょこっと紹介しています。

もしよかったら見てみてください!

島クリが苦手でめちゃくちゃ時間がかかってしまう私でも、一番最初に自分好みなレイアウトができました。

案内所周りから作ることで、島全体のイメージも湧きやすくなったような気がしています。

私のように島クリが苦手だという方も、案内所周りからレイアウトしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました