ズボラでも庭づくりがしたい!〜庭の現状と今後の計画〜

庭づくり(ガーデニング)
スポンサーリンク

昨年の自粛期間やら何やらで、お家の掃除や庭の手入れに力を入れるようになった人は多いと思います。

私もその一人です。

断捨離の楽しさに目覚めたり、
雑草の駆除もめっちゃ頑張りました。


うちは古民家ということもあって、庭が雑草の宝庫みたいになっています。まるで山か林のよう。

昨年、改めて我が家の庭を眺めて思ったのです。

雑草が生えづらいようにして庭をきれいにしたい!
そして庭づくりがしたい!
ゆくゆくはあまり手のかからない庭にしたい!

というわけで今回は、
数年間たくさんの雑草と戦ってきた経験をもとに

  • 雑草対策を数年間サボった庭の現状
  • 草刈り機と除草剤を2年間使って感じたデメリット

そして、今計画中の庭づくりについてお話したいと思います。

めっちゃ個人的なお話ですが、私と同じように
雑草対策しなきゃ…でも気が進まない…でも雑草対策しなきゃ…
こんな感じの悩みを抱える人にとって「私も頑張ろうかな!」と励みになれば嬉しいです。

我が家の庭の現状

雑草対策を数年間サボった結果

控えめに言って、庭中が雑草だらけ

ハッキリ言うと、ピーク時は大草原
庭を見渡して草が視界に入らない範囲がありません

なんか見たことないような極太のツル植物とか生えてるし、他にもツル植物が数種類生えてます。

種を落としまくる種類とか宿根草タイプの種類とか。

中には、お隣さんのお宅からどっこいしょっつって侵略してきた園芸品種のツル植物も2種類くらい。

もちろんそれだけじゃありません。
以前書いたノビルほぼ庭一面に広がっていて、ノビルとツル植物のための庭みたいになる。

梅雨の時期から夏にかけては
何回雑草駆除しても、2週間くらいで腰の高さまでの雑草が庭中で生える。しかもその雑草とツル植物が庭中で絡み合って、ちょっと目を離すとそれはもう凄いことになります

2月から春にかけて(つまり今まさに)生えている雑草は、草丈こそ低いものの庭中で根がびっしり張っている。

そんな感じで一年を通していろんな雑草が庭一面に生えてくるので、何かを植えようにも今のままじゃ全く植えられない状態です。

雑草が庭一面に広がって実際に困っていること


主に困っているのはこの6つです。

  • 見栄えが悪く空き地のように見えてしまう
  • 雑草を駆除するために時間も体力もめちゃくちゃ消費する(丸2日とかかけても終わらない)
  • 抜いても抜いてもまたすぐに生えてくる
  • あらゆる雑草の生存競争に勝った強者雑草が残ってしまっている=めちゃくちゃ大変
  • 何も植えられない
  • このままだと雑草駆除が一生続く終わりのない作業になってしまう

見栄えが悪いのももちろん嫌だけど、
季節ごとに年間通して次々に新しい雑草が生えるので、雑草駆除に終わりがありません
このままだと、雑草のために貴重な時間を永遠に消費し続けることになります。

それだけは絶対に嫌です。

草刈り機と除草剤を2年間使って感じたデメリット

草刈り機のデメリット


確かに草刈り機を使えば、通常は丸一日かけても終わらない雑草駆除が1時間以内に終わったりします。

腰も痛くならないし、ほとんど疲れません。

でも草刈り機って表面だけを刈るだけなので、根っこはすべて土の中に残っています。
あっという間に元通りまで伸びてしまうんです。

雨が続けば、酷い時は2日ぐらいで元通りになります。

草が雨で濡れていたら草刈り機に引っ付きまくるから使いたくないし、ツル植物を上手に刈るのはそれなりに難しいです。

除草剤のデメリット

結構お金がかかります。


庭づくりに使えるような、何か他の物が買えてしまうぐらい。

根っこまで効くタイプのキツイやつは、使うと2日ぐらいは臭いし。
言うて、薬品だからいろいろと不安に感じる面もあります。

一回枯らしたところでまた次の雑草が生えてくるし、根本的な解決にはなりませんでした。

かけ方が悪かったり、予想外の雨が降ると全然効かない時もあるし。

根っことか地下茎で広がるようなツル植物には良いんだけど、デメリットが大きいので庭全体には使いたくないなと思いました。

今計画中の庭づくりについて

庭づくりの計画①グランドカバーになる植物を植える

とりあえず雑草が生えない範囲を増やすために、グランドカバーになる植物を庭のあちこちに植えようと考えています。

グランドカバープランツはグランドカバープランツで広がりすぎて困ることもあるらしいけど、雑草が年間通して庭中に生えている今よりは確実にマシだと思う。

実はもう、一ヶ所だけ植えてあります。

芝桜です。
昨年の秋に植えたので、少しずつ大きくなってくれています。

庭づくりの計画②放っておいても大丈夫な多年草や宿根草を植える

雑草が減るまでの間、また雑草に手を焼くのは目に見えています。なので、私が雑草を駆除している間放置していても勝手に成長して広がってくれるような、手のかからない草花を選りすぐって植える予定です。

しかも、できるだけ長期間元気でいてくれるような強い品種を選びたいと思っています。

理想は、季節ごとに景色が移り変わっていくような庭づくりです。数ヶ月ごとにその季節が旬の多年草や宿根草を植えていき、最終的にはナチュラルガーデンイングリッシュガーデン風にできればいいなと…。

いや、そんな上手くいくかどうかわからないけど。

少なくとも一年じゃ無理だと思う…

終わりに


雑草対策を数年間サボった結果、庭中にゴリラのような強靭な雑草が広がってしまいました

雑草との終わりの見えない戦いを終わらせるために、計画を立てています。
庭がキレイになるように庭づくりしつつ、雑草対策も同時進行していく計画です。

  • あらゆるグランドカバープランツ
  • 手のかからない宿根草や多年草
  • 繁殖力が旺盛で勝手に広がっていく品種

これらをフル活用して、ゴリラ雑草たちに対抗しようと考えています。

目には目を、植物には植物を作戦です。

今週末ごろから、庭に苗を植えていこうかと考えています。

生まれてこの方、雑草抜きしかまともにやったことがないのでガーデニングの経験ほぼゼロですが…

植物を種から育てることにも挑戦したいので、
またこちらでちょくちょく報告できたら良いなと思っています。

それでは今回はこの辺で。
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました